趣味

読書の楽しさは選ぶところから読み終わった後も!

こんにちは!

広島のまねきです。

最近、自分の楽しみは何かなと考える機会が何度もありました。

その時に必ず浮かんでくるのが、子どもの頃からの趣味である「読書」です。

私は小さい頃から本が好き。

暇があれば図書館に行き、本屋に行き、ただただずっと本を読んできました。

今も本を読むことが好きで、できるかぎり毎日本を読む時間を取っています。

仕事の休憩時間も前半は読書をすることが多いです。

後半はブログを書いたり、そのまま本を読んだり…。

外ではKindleが便利!

アンドプレミアム

仕事の時など、外で本を読むときはもっぱらKindleで読んでいます。

荷物も少なくすむのが良いところ。

カバンが重くなりがちなので、Kindleは便利です。

Kindle Unlimitedに加入して雑誌や普通の本など、さまざまな本を読んでいます。

最近は「& Premium」という雑誌が面白くて、ずっと読んでいます。

家では紙の本の読み心地を楽しむ

一方、家での読書はほぼ紙の本です。

図書館で借りてきたり、本屋巡りをした時に買っておいたものなど。

ジャンルも幅広く読みます。

ビジネス本からエッセイ、学習本などどれもおもしろい!

最近読んだ本の中では燃え殻さんの「すべて忘れてしまうから」という本に心をぐっとつかまれました。

さまざまな場面で気持ちがぎゅっとなる感じがして、私もこんな文章を書けるようになりたいと思いながら読みました!

本の選び方

月に1度くらいの割合で本屋に行って、読む本を選んでいます。

お気に入りは広島駅前にあるエディオン蔦屋家電。

おもしろい本がたくさん並んでいます。

全部の売り場を本の表紙を眺めながらゆっくり歩き、表紙やタイトルに惹かれたものをピックアップ。

全部を買うことはできないので、まずKindle Unlimitedにないかを検索。

次に図書館にないかどうか検索します。

どこにもない時はそのまま購入します。

本当は全部買いたいくらいですが、家に本があふれているし、お財布的にもちょっと厳しい…。

今の方法でおおよそ読みたい本は全部読めるので、しばらくはこのまま行こうと思います。

松浦弥太郎さんにはまっています

松浦弥太郎

今は、2年くらい前にテレビでたまたま知った松浦弥太郎さんの本にはまっています。

全部の本を読破しようとひたすら読んでいるところ。

心の中に静かに語りかけてくるような文章にいつも気づきをもらっています。

まだ半分くらいしか読めていないので、もう少しの間、松浦弥太郎さんの本を読んでいきたいと思っています。

読書の楽しさ

読書は気軽に楽しめる趣味です。

読む場所も選ばず、たくさんの本があるので、いつまでも楽しめます。

気持ちが動くことや知識が積み重なることは、私にとっては大きな喜びです。

ぜひみなさんも気軽に本を手に取って見てくださいね!

 

関連記事