1日の流れを確認して空白時間を見つける!

投稿者: | 2017年2月11日
Pocket

 

こんにちは!

広島のまねきです。

最近、したいことがあってもなかなかできないことが多くて悩み中。

1日の中でどの時間が自由に動ける時間なのかがちょっとわからなくなってきました…。

そこで1日の流れをもう一度振り返ってみることにしました!

24時間を大まかにわけて、時間軸を書いていきます。

仕事の時間や出発時間、帰宅時間など決まっている時間を書き込みます。

家事や身支度などおおまかに記入したら完成!

空白の部分を線で囲むと空き時間がはっきりします。

 

線で囲った部分を書き出してみました。

まねきが自由に使える空き時間は1日に4回あります。

朝の出勤前、会社のお昼休み、夜の家事が終わった後、布団に入った後がそれぞれ30分~1時間の空き時間がありました。

でも実際は家事がずれこんだり、突発的な用事が入ったりとなかなか十分に時間が取れません。

そうするとやろうと思ったことがどんどん後回しに。

これではいつまでも同じことの繰り返しだな~と反省しました。

そんな時にこれは活用できそう!と思ったのが、ほぼ日手帳のカズンにある「週間ダイアリー」のページです。

このページは1日が6時~24時までの予定を書くことができます。

まねきはだいたい6時ごろに起きて24時すぎに寝るので、1日の流れを書くのにちょうどいいかな、と思いました。

前日の夜ほぼ日手帳を開いた時に、この週間ダイアリーの翌日のところにあらかじめ1日の流れを書いておくと、その日は時間を意識して動くことができるような気がします。

1日のどの時間に空き時間がどれくらいあるかを把握しておくことで、その時間にやりたいことをあらかじめ考えておけるし、ついずるずると空き時間が減っていくことを防ぐことができるかも!

まずは前日の夜に翌日の流れを書き込むことを始めてみます。

しばらくそれで様子を見てみようかなと思います!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です